筋膜について

話題の「筋膜リリース」って……何?どんなことするの?

テレビ番組などで紹介され、大きな話題を呼んでいる筋膜リリース。
トレーニングに、ボディケアに、美容にと、さまざまな分野で取り入れられています。
そんな話題の筋膜リリースですが、どういったものなのかご存じの方は少ないかもしれません。
そこで今回は、筋膜リリースとはどういうものかについてご紹介します。

話題の「筋膜リリース」って……何?どんなことするの?

筋膜って何?

筋膜リリースについてお伝えするためには、そもそも筋膜とは何なのかについてご紹介しないと始まりません。

筋膜とは、体のさまざまな組織を包みこむ膜のことです。
体中をボディスーツのように包んだり、筋肉や内臓などを包んだりしています。
主に、コラーゲンとエラスチンという2つの成分でできています。

筋膜にはどんな役割がある?

筋膜には、大きく分けて2つの役割があります。
ひとつは体中の組織をまとめて全身を支える機能、もうひとつは組織の周りを包んで保護する機能です。

筋膜は高い伸縮性と頑丈さを兼ね備えており、骨格とともに体を支えているおかげで、筋肉や内臓が正しい位置におさまり、体を動かしてもバラバラにずれないようになっています。
このことから、筋膜は「第二の骨格」と言われています。

また、筋膜は体のさまざまな組織のあいだに挟まっています。
筋膜はみずみずしく伸縮性があるので、体を動かす際に組織同士がこすれたり引っかかったりして傷つかないように保護しています。

筋膜が硬くなったらこりや痛みの原因に

筋膜には本来伸び縮みする性質があります。
しかし、筋膜は長時間同じ姿勢を続けたり、外から強い圧力を受けたりすることによって、カサブタのように硬くなります。
これを筋膜の癒着といいます。

筋膜が癒着すると、その周りの血管や神経、筋肉などを圧迫します。
すると、圧迫を受けた筋肉が緊張して機能低下したり、血管が狭まって血行が滞ったり、神経が刺激を受けて痛みや不快感を生んだりします。

こうして生まれた不調が、肩こりや腰痛などの悩みを引き起こす原因のひとつだと言われています。

筋膜リリースをしよう!

筋膜リリースは、硬い筋膜をほぐして軟らかくすることで、筋膜が原因と疑われるさまざまな不調にアプローチする方法をまとめた言葉です。

筋膜リリースにはいくつかの方法があり、素手やローラーで肌の上から揉んだり、ストレッチなどで引き伸ばしたり、専用の機器で引っ張ったりしながら、硬い筋膜をほぐしていきます。

筋膜リリースをすることでこんな効果が期待できる

筋膜リリースでは以下のような効果が期待できます。

筋肉のパフォーマンスアップ

筋膜リリースで筋膜をほぐすことによって、緊張した筋肉を解きほぐし、パフォーマンスアップを図ることができます。

近年、スポーツ選手がローラーを持ち歩いているのを見かけることがあります。
あのローラーは「フォームローラー」といって、筋膜リリースを効率良く行うために作られた製品です。
トレーニング前後にフォームローラーを使って筋膜リリースを行い、スポーツのパフォーマンスアップを行っています。

また、筋膜リリースで筋肉の動きをスムーズにすることで、筋肉がカロリーを消費しやすくなってダイエットへとつながる効果も期待できます。

【関連記事:ローラーを使った「筋膜リリース」!】

【関連記事:ダイエットに筋膜リリースは意味があるのか?】

こりや痛みへの対処

肩こりや腰痛には、上述した筋肉の機能低下や、姿勢の悪さなどが関わっている場合があり、筋膜の癒着がそうした不調を引き起こす可能性があります。
筋膜リリースで筋膜を柔らかくほぐすことによって、筋肉の機能低下に対処し、姿勢を整えて、こりや痛みにアプローチします。

筋肉の機能低下や姿勢の悪さ以外にも、癒着した筋膜が神経を圧迫することで、こりや痛みを引き起こしている場合、筋膜リリースで筋膜がほぐれることによって、痛みやこりがおさまる可能性もあります。

筋膜リリースの方法をご紹介

つらいこりや痛みに対処できると期待される筋膜リリース。
ここからご紹介するのは、こり・痛みの代表例である肩こりと腰痛対策のための筋膜リリースです。

肩こり向け筋膜リリース

準備するもの
・椅子

①椅子などの安定した場所に座り、右手で左肩を押さえましょう。

②左手を、「気を付け」の状態から伸ばしたまま、真横に上げます。

③その状態から、左手を斜め後ろ下方に伸ばします。

⓸顔は正面を向いたまま、首を右肩にゆっくりと傾けていきます。
引っ掛かりを覚えたら、その場所でストップします。

⑤首を倒したまま、顔を上に向けます。
左耳の付け根あたりから首の左後ろ近くに、引っ張られるような感覚があればOKです。
そのまま20秒キープしましょう。

⑥そのまま、今度は顔を右肩に向けましょう。
首の付け根から左肩のあたりに引っ張られる感覚があればOKです。
そのまま20秒キープしましょう。

これで左肩の筋膜リリースは終わりです。
右肩も同様に行いましょう。

腰痛向け筋膜リリース

準備するもの
・背の高い机

①机の左に立って(右に机がある状態で)、左手を真上にピンと伸ばします。

②左足を右足の前に出してクロスします。
この後の体勢で、バランスを崩しやすくなるので、机などの上に右手を置いて、体を支えられるようにしましょう。

③左手を机の方にゆっくりと傾けます。
左手から左足まで、体の左側全体を弓のように伸ばすようなイメージで傾けましょう。

③体がそれ以上傾かなくなったところで20秒キープします。
腰と背中の左側、左のわき腹などが伸びているように感じればOKです。

左側ができたら、右側も同様に行いましょう。

おわりに

今回は、筋膜リリースとはどういうものかについてご紹介しました。
激しい運動も必要なく、自宅でできる筋膜リリース。
老若男女を問わず誰でも簡単にできるので、ぜひ一度、行ってみてください。

整骨院は、ねんざなどの
ケガをしたときに行くところだと思っていませんか?

スポーツのコンディショニング調整をしたり、正しい姿勢をつくったり、あなたオリジナルのインソールを作ってくれる整骨院もありますよ。

PAGEのTOPに戻る