からだの悩み

「むち打ち」の正体と対処法を究明!

「むち打ち」の正体と対処法を究明!

「交通事故のけが」と聞くと、むち打ちを連想する人は多いのではないでしょうか。
病院で「むち打ち」の診断結果が出ると、湿布や内服薬を処方してもらうことが多いです。
しかし、人によってはむち打ちの痛みや不快感が長引いてしまい、日常生活に支障をきたすケースもあります。
今回は、「むち打ちとはどのようなものか?」「むち打ちの痛みや不快感が長引いてしまう原因とは?」「むち打ちの痛みや不快感がなかなか引かないときの対処法」をご紹介していきます。

むち打ちとは

まずは、むち打ちとはどのようなものかをご紹介します。
むち打ちとは、首が勢いよく前後に振られ、頸椎や首の神経が圧迫されたり無理やり引き伸ばされて発生する症状のことです。
首の周辺が痛くなったり、吐き気や不快感、めまいや手足のしびれなどが現れます。

「むち打ち」は病名ではありません。
交通事故などの際に、「首が鞭のように前後に激しく振られて起きる」ことからつけられた俗称であり、正確には「頸椎捻挫」や「頸椎損傷」などの病名が当てはまります。
「単なるむち打ちだから…」と甘く見ている人も、「頸椎の捻挫や損傷」と聞くと恐ろしく感じるのではないでしょうか。

また、事故の直後はアドレナリンなどが多量に分泌されているため、痛みや不快感を自覚しにくいという特徴があり、事故後の処置が遅くなりがちです。
処置が遅くなればなるほど、むち打ちの後遺症に悩まされる可能性も増加します。
交通事故に遭った際は、たとえ痛みや不快感、違和感を感じていなくても病院に行き、自分の身体に何が起きているのかを診断してもらい、必要に応じて適切な治療を受けましょう。

むち打ちはこんなことでも起こる

むち打ちは交通事故で引き起こされることが多いため、交通事故特有の症状と思われがちですが、他にもいろいろな状況で起こります。
ラグビーやアメフト、サッカーなどの接触が多いスポーツや格闘技をしているときや、勢いよく転んだときにむち打ちが引き起こされるケースがあります。
スポーツの場合は交通事故の場合とは異なり、普段から激しく接触することが多いので症状に気付きにくく、病院に行く「きっかけ」がつかみづらいことから、自覚症状に気が付いて病院に行った時点で、既に症状が悪化しているケースが多いです。

首周りに痛みや不快感、違和感を覚えたらできるだけ早く病院で診断を受け、適切な対処を行いましょう。

むち打ちの症状が長引く原因とは

むち打ちの症状と診断され、治療を受けたり薬を処方してもらったにもかかわらず、むち打ちの痛みや不快感が長引いてしまうケースがあります。
ここからは、むち打ちの症状が長引いてしまう原因についてご紹介します。

 

原因の特定が難しい

むち打ちは外傷が無く、レントゲンやMRIなどの検査で確認しづらい症状のひとつです。
また、上述したように事故が起こって病院に向かったときには、多量のアドレナリンが分泌されているため自覚症状も感じにくく、原因の特定が難しいので、湿布薬や内服薬などを処方して様子を見る対応になりがちです。
しかし、湿布薬や内服薬などの対応でむち打ちが完治しなかった場合、痛みや不快感が長引いてしまいます。

 

首への治療は慎重になりやすい

むち打ちが起こる「首」には、身体の動きをつかさどる重要な神経や骨が多数あります。
うかつに触れてしまうと、重要な神経や骨を傷つけて何らかの後遺症を引き起こす危険性があることと、上述した原因の特定の難しさもあるため、治療が慎重になりやすいです。
その結果、むち打ちの根本的な原因を解消できず、痛みや不快感が長引いてしまいます。

むち打ちの痛みがなかなか引かないときの対処法

むち打ちによる痛みや不快感がなかなか引かない場合、どのような対処法があるかを紹介していきます。

 

接骨院や整骨院、整体やカイロプラクティックに行く
接骨院や整骨院、整体やカイロプラクティックでは、手技、電気、超音波、筋膜リリースなどの方法でむち打ちへの施術を行っています。

その中でも、特に注目されているのは筋膜リリースです。
筋膜は筋肉や骨の表面を覆っている組織で、滑らかに伸縮するという特徴がありますが、長期間身体を動かさなかったり、交通事故やスポーツでの接触など、強い衝撃が加えられることで癒着して固くなってしまいます。
筋膜が癒着すると、血液やリンパ液の流れが悪くなって身体の機能低下につながったり、痛みや不快感を引き起こすことがあります。
筋膜が癒着した状態は、レントゲンやMRIなどの検査で発見することが非常に困難であり、むち打ちの症状が長期にわたって続く大きな原因のひとつです。

筋膜リリースは筋膜の癒着をゆるめ、周囲の神経や骨が圧迫された状態から解放して、痛みや不快感にアプローチしていく施術です。

特に、「メディセル筋膜療法」は専用の機械を使用して、癒着した筋膜を吸引しながら揉みほぐす施術方法なので、首周りが痛んでいるむち打ちでも問題なく施術を受けることができます。
メディセル筋膜療法については、過去の記事で詳しくご紹介していますので、そちらもご覧ください。

※自己流でのストレッチは厳禁!

むち打ちを早く治したいからと自宅でストレッチを行う人がいますが、医師からの指示がない場合は、逆に症状を悪化させる可能性があるため厳禁です。
どうしてもストレッチを行いたい場合は、トレーナーや医者などの専門家の指示に従って行うようにして下さい。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は、交通事故に遭った際に起きやすい「むち打ち」についてご紹介しました。
交通事故によるむち打ちは、自覚症状を感じにくいために症状が悪化しやすいので、早急に診断を受けましょう。
万が一長期化した際には自己流で対処するのではなく、専門家の施術を受けるようにしましょう。

整骨院は、ねんざなどの
ケガをしたときに行くところだと思っていませんか?

スポーツのコンディショニング調整をしたり、正しい姿勢をつくったり、あなたオリジナルのインソールを作ってくれる整骨院もありますよ。

PAGEのTOPに戻る