筋膜について

筋膜リリースは自宅でできる?「セルフ筋膜リリース」とは

筋膜リリースは自宅でできる?「セルフ筋膜リリース」とは

筋膜リリースは自宅でできる?「セルフ筋膜リリース」とは

最近話題の筋膜リリース。
最新の治療器具を使ったプロの施術を受けることができれば安心です。
しかし、さまざまな理由で治療院に行くことができない人もいることでしょう。
そんな時、自宅でも手軽に筋膜リリースができればうれしいですよね。
そこで今回は、自宅でも手軽に行うことが可能な「セルフ筋膜リリース」について、正しい方法や注意すべきポイントをご紹介します。

セルフ筋膜リリースって何?

セルフ筋膜リリースとは、その名の通り自分自身で行うことができる筋膜リリースの方法です。
ケガや運動不足、トレーニング後など、身体がこわばった状態では筋膜が癒着することがあり、筋膜の癒着は新たなケガや体調不良の原因になってしまいます。

できれば早期の段階で治療院などに向かい、新たなケガや体調不良につながる前に施術を行ってもらい、こわばった身体をどうにかして欲しい状況ですが、仕事が忙しかったり、近所に筋膜リリースをしてもらえる治療院が無かったりと、誰もがみんな治療院で筋膜リリースの施術を受けられる訳ではないというのが現状です。
そんなとき、自分で手軽に行うことができるセルフ筋膜リリースをおすすめします。

セルフ筋膜リリースの方法

セルフ筋膜リリースは、フォームローラーやマッサージローラーを駆使して行います。
フォームローラーやマッサージローラーは、通販サイトなどで簡単に手に入れることができます。
値段も数百円から数千円とお手頃価格のものが多いです。
フォームローラーやマッサージローラーを床に置き、その上に筋膜リリースしたい部位をのせて、ローラーの回転する方向にゆっくりと身体を前後させることによって、ローラーに乗っている部分の筋膜がほぐされます。
また、内ももや首回りなど、地面にローラーを乗せて行うのが難しい(怖い)場合は、両手でローラーの両端を持って転がすタイプのローラーを使用することもあります。

セルフ筋膜リリースを行う主な部位

背中

1:ローラーの上に仰向けに寝ます。
2:膝を曲げてお尻を浮かせ、両足と背中で身体を支えるような形にします。
3:そのまま膝をまっすぐに伸ばすことで、ローラーの上を背中が前後するので、5回ほど繰り返します。

背中

背中

前太もも

1:うつ伏せになり、ローラーの上に前太ももを乗せます。
2:肘をついて上体を起こし、ローラーに体重がかかる状態にして、前太ももの周りを5回ほど往復させます。

前太もも

前太もも

後(裏)太もも

1:足を伸ばした状態で座ります。
2:太ももの下にローラーを差し込んで、後ろの床に手をつきます。
3:お尻を持ち上げ、両手と後太ももで身体を支える形にします。
4:ローラーの上を後太ももが5回ほど往復するように、身体を前後にゆっくりと移動させます。

後ろ太もも

後ろ太もも

継続して行えるようにバランスをとろう

セルフ筋膜リリースは、「やってすぐに効果が出るもの」ではありません。
セルフ筋膜リリースによって得られる効果には個人差がありますし、原因が筋膜にない場合は効果がない場合もあります。
手軽に行うことができるというメリットがあるので、焦らず気長に継続して行えるようにすることがセルフ筋膜リリース最大のコツといえるでしょう。

取扱説明書をよく読もう

ここまでご紹介したのは、あくまでも「セルフ筋膜リリースの基本的な方法」です。
市販されているフォームローラーやマッサージローラーには、取扱説明書やセルフ筋膜リリースの方法を説明したDVDが同梱されていることがあります。
これらの取扱説明書やDVDは、各種ローラーを正しく使い、最大限効果を発揮するための内容が記されているので、その内容に沿ってセルフ筋膜リリースを行うようにしましょう。
特に、禁止事項がある場合は、誤ってその禁止事項を行ってしまわないように、必ずチェックしましょう。

セルフ筋膜リリースを行う際の注意点

セルフ筋膜リリースを行う際に、注意すべきポイントがあります。

絶対に無理はしない

セルフ筋膜リリースを行う際には、「絶対に無理はせず、今回ご紹介した内容や、フォームローラーやマッサージローラーの取扱説明書の通りに行った場合でも、違和感を感じるようであれば止める」ということを徹底して下さい。
セルフ筋膜リリースは「かける負荷が大きいほど、筋膜リリースの効果が高まる」というものではないため、無理をしてセルフ筋膜リリースを行っても効果が出ないばかりか、逆に身体を痛めてしまう恐れがあります。
身体に違和感を感じたり、強い痛みを感じた際は、なるべく早急に治療院で受診するようにして下さい。

いかがでしたか?
今回は自分自身で行うことができる「セルフ筋膜リリース」についてご紹介しました。
セルフ筋膜リリースは、筋膜の癒着が原因の肩こりや疲れに悩んでいる人の中でも、治療院に行くことができずに困っている人にとって、手軽にできる対処法の1つです。
上述したように、効果には個人差があるため、より安全に、より自身にあった専門的な筋膜リリースを行いたい場合は、やはり筋膜リリースを行っている治療院で施術を受けることをおすすめします。

整骨院は、ねんざなどの
ケガをしたときに行くところだと思っていませんか?

スポーツのコンディショニング調整をしたり、正しい姿勢をつくったり、あなたオリジナルのインソールを作ってくれる整骨院もありますよ。

PAGEのTOPに戻る