セルフボディケア

【夏特集】上手な水分のとり方

【夏特集】上手な水分のとり方

水分補給はバランスが大切

これから夏本番!
気温によって代謝も上がる季節ですが、たくさん汗をかくなどして知らない間に体内の水分が減っているのではないでしょうか?

最近では、熱中症対策に経口補水液や適度な塩分を摂取する飴なども販売されていますが、そういったものを取り入れたり、適度な水分補給や室温調整をしたりするなど、対策を意識することがまず第一歩です。

カラダに必要不可欠

カラダに必要不可欠

身体の約60%は水分で出来ている。水分補給はバランスが大切

私たちの身体の半分以上は水分でできています。
体重60㎏の人なら36㎏近くが水分で、若い人ほどその割合は高いといわれています。

水分は栄養素を全身に運んだり、老廃物を回収・排出したり、体温を調節したりと非常に大切な働きをしています。
私たちの身体は水分がないと生きていけませんから、体内の水分を常に一定の量に保つ必要があります。

しかし、不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といって、呼吸や皮膚から知らない間に蒸発している水分が一日に約1リットルあります。
尿や汗など全て含むと毎日約2.5リットルもの水分を失っていることになります。

水分は食事からもとれますし、体内で作られるものもあるので、通常は1.5リットル(※注1)の水を飲めば失われた水分を取り戻し、体内のバランスを保つことが出来るそうです。
水分は不足しすぎても大量にとり過ぎても体の負担となりますので、失った量と補給する量のバランスが大切です。


※注1
活動量や尿量などによって個人差があります。
また、病態によって水分制限がある場合は、主治医の指示に従った摂取を行って下さい。

身体の約60%は水分で出来ている。水分補給はバランスが大切

身体の約60%は水分で出来ている。水分補給はバランスが大切

のどが乾いたら水分不足!こまめに水分補給を

「のどが渇いたな」は、脱水が進んでいる合図

体重の約60%が水分という人間の身体にとって、脱水は大敵。
しかし、日常の生活をするだけで自然と水分は失われています。

例えば、睡眠中は休んでいるだけなのにコップ1杯以上の水分を失っています。
また、デスクワークや乗り物の移動中など、じっと座っているだけでも脱水は意外に進行しているといわれています。

のどが乾いたら水分不足!こまめに水分補給を

のどが乾いたら水分不足!こまめに水分補給を

のどが渇いたなと思ったらそれは脱水が進んでいる合図です。
その時点で飲み始めても遅いので、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給することが大切です。

水分の補給温度は、身体や胃腸への負担や吸収速度、飲みやすさなどの観点から5~15℃が最適な温度です。

水分のとり過ぎは身体の負担に。適度な取り方が大切

「のどが渇いた」といって水をがばがば飲むのはNG

のどが渇いたら、基本的には水かお茶を飲むのが一番です。
しかし「のどが渇いた」といって水をがばがば飲むのはNG。
なぜかというと、一度にたくさんの水を補給しても、血液に吸収されず排泄されてしまうからです。

注意したいのは、運動時や屋外での活動時など大量に汗をかくとき。
汗で失われるのは水とナトリウムなので、水だけをたくさん飲むと、体内のナトリウム(塩分)濃度が低下し、かえって脱水が進行しかねません。

そんな時はスポーツ飲料が適しています。

水分のとり過ぎは身体の負担に。適度な取り方が大切

水分のとり過ぎは身体の負担に。適度な取り方が大切

ただし、スポーツ飲料にはナトリウムやカリウムなどの電解質が0.1%~0.2%程度含まれているので効率よく吸収されますが、飲みやすくするために糖分も多く(約6%)含まれているものも。

多少の糖分摂取も必要なのですが、たくさん飲む場合は糖分のとり過ぎに注意しましょう。

整骨院は、ねんざなどの
ケガをしたときに行くところだと思っていませんか?

スポーツのコンディショニング調整をしたり、正しい姿勢をつくったり、あなたオリジナルのインソールを作ってくれる整骨院もありますよ。

PAGEのTOPに戻る

ご利用院募集について