からだの悩み

ランナー膝(腸脛靭帯炎)について

ランナー膝(腸脛靭帯炎)について

陸上競技の長距離選手に多く見られる「ランナー膝」

ランナー膝は、走ることが多いスポーツをしている人に発生しやすい

硬い路面や下り坂の走行、履き慣れない硬いシューズの使用なども負担の原因に

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は、別名「腸脛靭帯摩擦症候群(ちょうけいじんたいまさつしょうこうぐん)」や「ランナー膝」「ランナーズニー」とも呼ばれ、陸上競技の長距離選手など、たくさん走るスポーツをしている人多くみられるスポーツ障害です。

昨今のランニングブームで市民ランナーが症状を訴えるケースが増えています。
特に、走行フォームで足の外側に体重を受けるクセがあるなどの体のバランスが悪い人、筋力不足の人、柔軟性に乏しい人などに発生しやすい傾向があります。

また、硬い路面や下り坂の走行、履き慣れない硬いシューズの使用などが負担の原因になっている場合もありますので、心当たりのある方はご注意ください。

「ランナー膝」は、足の外側に体重を受けるクセのある人やO脚の人などに発生しやすい

「ランナー膝」は、足の外側に体重を受けるクセのある人やO脚の人などに発生しやすい

「ランナー膝」の主な症状

走っているとき、走り終えた後、患部を指で押した時などに、膝の外側に違和感を感じます。ランニング後に違和感が現れ、休むと治る場合も。
初期は膝の外側が緊張するような、きしむような違和感を感じます。

重症化すると、膝の曲げ伸ばしが困難になり、膝を伸ばしたままでしか歩けなくなる場合もあります。

「ランナー膝」の主な症状

「ランナー膝」の主な症状

「ランナー膝」になるしくみ

腸脛靭帯は、膝の曲げ伸ばしによって、突き出した骨と衝突や摩擦を繰り返す

腸脛靭帯は大腿部(太もも)の外側を覆う幅広い筋状の組織です。
この腸脛靭帯が炎症を起こすのが、「腸脛靭帯炎」です。

ランニングのような繰り返しの動作によって、大腿骨外顆と腸脛靭帯が擦れ合い、摩擦によって炎症を起こします。

腸脛靭帯炎は違和感が発生する部分が2カ所あります。
1つは膝、もう一つは足の付け根の大転子部ですが、膝の違和感を訴える人のほうが圧倒的に多いため、普通は膝の炎症のことをさします。

「ランナー膝」になるしくみ

「ランナー膝」になるしくみ

ランナー膝になってしまったら…

走る量を減らすか、アイシングを。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)になった場合は、違和感がない範囲でランニングを減らすか、走った後に痛む程度であれば、アイシングをきちんと行うことが大切です。
大腿部の筋肉が疲労していると、腸脛靭帯の摩擦が強くなるので、大腿四頭筋や腸脛靭帯のストレッチがおすすめです。
特に、腸脛靭帯がある膝の外側から太ももの外側へ向けて、しっかりとマッサージしましょう。

ランナー膝になってしまったら…

ランナー膝になってしまったら…

整骨院は、ねんざなどの
ケガをしたときに行くところだと思っていませんか?

スポーツのコンディショニング調整をしたり、正しい姿勢をつくったり、あなたオリジナルのインソールを作ってくれる整骨院もありますよ。

PAGEのTOPに戻る

ご利用院募集について