ゆるっく用語辞典

「自律神経」とは?

「自律神経」とは?

自律神経とは、自ら意識しないでも体の各機能を調整するように働いてくれる神経のこと

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類がある

「交感神経」と「副交感神経」がバランスよく働くことで健康状態をコントロールする

「自律神経」とは、自らが意識しないでも自然に体の各機能を調整するように働いてくれる神経のことです。
汗をかいたり、ホルモンの分泌を調整したり、心臓を動かしたりするなどの働きがあります。

この自律神経には活動的な「交感神経」と、休養するための「副交感神経」の2種類の神経があり、相互にバランスよく働くことで健康状態をコントロールしています。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類がある

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類がある

交感神経が働くのは、活動しているとき、ストレスを感じているとき

交感神経が働くのは、活動しているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときなどです。
交感神経が活性化すると、呼吸回数の増加、血圧上昇、体温上昇、動悸などが起こります。

副交感神経が働くのは、リラックスしているとき

副交感神経が働くのは、リラックスしているとき、眠っているとき、身体を回復させているときなどです。主に、夜の睡眠中、お風呂に入っているとき、食事をしているときは副交感神経が優位になっています。

副交感神経が働くと、筋肉が弛み血管が拡張するため、栄養・酸素・体温が身体中に行きわたり、身体が修復されます。

規則正しい生活リズムとリラックスできる状態を心がけて

筋肉をほぐすと副交感神経優位に切り替わる

この2つの神経のバランスが崩れ、交感神経ばかりが働き、身体を修復する副交感神経が十分に働けないと、疲れが取れない、目覚めが不快、肩や首がこる、めまい、微熱などのさまざまな不調が現れます。

交感神経ばかり働いてしまう主な原因は、プレッシャーや不規則な生活、睡眠不足、シャワー、テレビなどの様々なストレスです。
規則正しい生活リズム、ゆっくりお風呂に入る、十分な睡眠をとるなどリラックスできる状態を心がけましょう。

また、筋肉をほぐすことで副交感神経優位に切り替わります。
マッサージを受けているときに眠くなる方がおられると思いますが、これは副交感神経に切り替わった証拠。
普段の生活の中でも硬くなった筋肉をほぐすことが大切です。

規則正しい生活リズムとリラックスできる状態を心がけて

規則正しい生活リズムとリラックスできる状態を心がけて

【ゆるっく用語辞典】「ストレス」とは?

整骨院は、ねんざなどの
ケガをしたときに行くところだと思っていませんか?

スポーツのコンディショニング調整をしたり、正しい姿勢をつくったり、あなたオリジナルのインソールを作ってくれる整骨院もありますよ。

PAGEのTOPに戻る

ご利用院募集について